ノウハウ

FX初心者が口座開設するならどこがおすすめ?

これからFXを始めようとしている方はまず「外国為替証拠金取引」を提供するいわゆる「FX会社」に口座の開設をする必要があります。とはいえ数あるF X会社の中から、自分にあったところを探すのは大変ですよね。

特徴や個性も様々で「選んでるうちに、どこがいいのか分からなくなった」なんて言う方も多いようです。

そこで今回は初心者がF X会社の口座を開く際「ここだけは押さえたほうがいい」と言うポイントを説明していこうと思いますので、ぜひ口座選びの参考にしてみてください。

>>FX/CFDブローカー比較サイト

トレードスタイルによって使い分ける

まずFXには大きく分けて短期と長期の2種類のトレード方法があります。

短期トレードはいわゆるスキャルピングやデイトレードと言われるもの。もう一つの長期トレードは「安く買って高くうる」というのは同じもののスワップ金利(二国間通貨の金利差)での利益という魅力も加わります。ただ、初心者の場合まずは短期のデイトレードで初めたほうが色々と勉強になるでしょう。

その場合、口座開設のFX会社を選ぶポイントとして、スワップポイントよりもスプレッドの狭い(安い)ところを探すことが重要になってきます。

スプレッドとは、FX会社を通して通貨を買う際に、実際のレートに上乗せされた差額のことです。

売るときには逆に実際のレートよりも安い金額となります、この差額(スプレッド)が実質FX会社の手数料となるわけです。

頻繁に売買をするデイトレードの場合、一回の手数料(スプレッド)が重要になりますのでDMMFXやYJFXなど、米ドル/円0.2銭と低コストでの取引が可能なところを選ぶと良いでしょう。

最低取引単位

FX口座開設時に重要なポイントの一つとして「始めるときの最低取引単位(最低資金)」があります。

こちらもFX会社によっていくつか種類がありますが、大きく分けて下記の2種類があります。

  • 1000通貨
  • 10000通貨

最低取引単位が1000通貨の場合を例にとって説明すると、

1ドルが100円の場合、1000通貨(ドル)×100=10万円となります。

しかしFXでは「レバレッジ」と言う実際の資金を膨らませて取引を行う方法が一般的ですので、実際には1/25の4000円でFXの口座開設、取引が可能となります。

約定力

意図したタイミングで売り買いが約定(成立)することを約定力と言います。

当たり前と思われるかもしれませんが、FX会社によって保有するサーバー、金融機関とのつながりなどによって、スリッページ(注文価格と約定価格に差が出ること)が発生する場合があります。

約定力を判断する方法としては「現役トレーダーの口コミ」などの他に「FX口座を 2つ開設して自身で比較してみる」と言う方法もあります。

この場合約定力の他に、FX会社それぞれの特徴なども知ることができるのでお勧めです。

まとめ

  1. スプレッドの低いFX会社を選ぶ。
  2. 最低取引単位が1000通貨のFX会社を選ぶ。
  3. 約定力の高いFX会社を選ぶ。

以上の3点に注目して口座開設先を選べば、自分にあったFX会社がきっと見つかると思います、ぜひ参考にしてみてください。

出会い恋愛まとめ AskTraders ボーイフレンドナビ Best-Japanese-Casinos-logo-2 入試に役立つ HIMOKURI
新紀工業 名古屋調査室ai探偵事務所 オーダー食器棚を選ぶならナッシュ 春日井バレエ・ダンスギャラリー  

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2020 All Rights Reserved.