ノウハウ

終活に役立つ! お墓や供養方法を選ぶメリットと考慮すべきポイント

生前にお墓を決めるなんて縁起が悪いと言われますが、昨今では人生の終わりに向けた活動「終活」を積極的に取り組む人が増えています。生涯を閉じた時やその後を元気なうちに考えることは、今までの人生を振り返り、この先のシニアライフを楽しむ良い機会となるだけでなく、さまざまなメリットがあります。

生前にお墓や供養の方法を選ぶメリット

生前にお墓や供養の方法を選ぶ終活を実施する人が増えています

人生の終焉を迎える前にお墓や供養方法などを決めておく終活は、自分や周囲にもメリットをもたらします。

まずは、金銭面。お墓や供養にかかる費用を知ることで、遺族に遺すお金と生活で使えるお金を明確にでき、この先の楽しみ方まで見えてきます。

続いて、家族への負担の軽減。遺された家族があれこれ迷わず、スムーズに故人をお見送りできます。

そして、自分の意思に基づいて安眠できること。最近の供養方法は一般的な火葬から、海に散骨する水葬、遺灰でダイヤモンドを生成する遺骨ダイヤモンドなど多種多様です。自分の意向を考え伝えることは、最期の責任ともいえるかもしれません。

お墓や供養の方法を選ぶときに考慮するポイント

生涯を終えた後のことを決めるのは、少し戸惑うこともあるでしょう。しかし、終活のメリットからお墓や供養方法を選んでおくことは大切です。そこで、その際に考慮すべきポイントをまとめました。

葬儀や供養に必要なおよその値段の把握

葬儀費用の平均は 約178万円(※)、その後の供養にもお金がかかります。美しい供養方法として話題の遺骨ダイヤモンド価格は288,000円からなど、方法によって価格に大きな差があるため、事前に調査しておきましょう。

※第3回お葬式に関する全国調査(2017年)より

遺骨の管理方法

お墓といえば一般墓ですが、納骨堂を利用する方もいます。ただ、継承者がいない場合は管理が問題となるため、寺院が供養や管理をしてくれる永代供養墓も選択肢です。

お墓や供養方法の選択

遺骨は当然埋葬するものと考えられていますが、最近では樹木葬やサンゴ供養など自然に回帰する方法も増えています。また、お墓を持たない遺骨ダイヤモンドなどもあり、多面的に検討するといいでしょう。

最近注目されている新しい供養のスタイル「遺骨ダイヤモンド」

終活でお墓選びや供養方法の検討を進めていくと、一般的な火葬以外にもさまざまな方法が見つかります。中でも注目を集めているのが、遺骨ダイヤモンド。遺骨ダイヤモンドは故人の遺灰や遺髪などから生成された人工のダイヤモンドです。

遺骨ダイヤモンドは人体にある炭素を利用して作られます。5,000分間もの時間をかけ、純度99.99%の炭素に精製し、天然ダイヤモンドとほぼ同様の環境で遺骨ダイヤモンドを生成。美しく磨かれた後、遺骨ダイヤモンドを家族の元に届けます。

常に身につけたり、自宅に飾っておけたりする遺骨ダイヤモンドは、お墓を必要としない新しい供養スタイルとしても話題です。遺骨ダイヤモンド価格は288,000円からと平均的な葬儀より安価なことも魅力。サイズなどにより遺骨ダイヤモンド価格は異なりますが、どの遺骨ダイヤモンド価格にも製造から発送費用までが含まれています。

手元に置いて故人をいつでも偲ぶことができる遺骨ダイヤモンドは、生前の故人を彷彿させるかのような輝きを放ち、最も美しい供養方法です。

遺骨ダイヤモンド価格も踏まえ、遺骨ダイヤモンドの多面的な価値は非常に高く、終活で検討する候補のひとつとしてもいいでしょう。

まとめ

終活としてお墓や供養方法を考えることは、今後の人生の過ごし方を決めるひとつの要素であり、遺族の負担を軽減することでもあります。

それらを決めていく際に管理方法などを考慮に入れることで、お墓を持たない遺骨ダイヤモンドといった供養スタイルなども候補に上がってくるでしょう。

従来の常識にとらわれず、自分の意向を明確にし、金額やさまざまな供養方法に目を向けていくことで幅広い終活が可能です。

出会い恋愛まとめ AskTraders 遺灰・遺骨・遺髪からダイアモンド 電話占いで幸せみっけ! 入試に役立つ HIMOKURI
新紀工業 名古屋調査室ai探偵事務所 オーダー食器棚を選ぶならナッシュ 春日井バレエ・ダンスギャラリー PASOCON

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2020 All Rights Reserved.