ノウハウ

タクシードライバーって現実どうなの?

投稿日:

タクシー運転手と聞くと、どうしても「時間が不規則」「稼げない」そんなイメージが強いかと思います。

しかし、未経験でもはじめられて、本人の努力や工夫次第で収入を増やせる可能性を持った、自由度の高い職業でもあるのです。

タクシードライバーの勤務体系と勤務時間

まず、勤務体系は、シフト制と隔日勤務の二種類に分かれます。

タクシー会社のほとんどは隔日勤務の場合が多いようです。

その場合、1日の就労時間は休憩時間を挟んで20時間ほどになります。

翌日が休みなので、確実に身体を休めるというメリットがあります。

タクシー運転手は乗客の安全を守りながら、サービスを提供業するため、車両の点検業務や車内清掃も大切な仕事の1つです。

上記の業務は勤務時間に含まれます。

タクシードライバーの収入とおすすめの会社の選び方

収入はほとんど場合が歩合制であるため、個人の頑張り次第で増やすことも可能であり、未経験からの転職もしやすい仕事です。

転職を考えた場合、タクシー会社の選び方は重要なポイントです。それにより、後々働き方や収入に大きな違いが出てきます。

会社がどのような研修制度を用意しているか、勤務体系はどのようになっているか、入念にチェックする必要があります。最近では「東京都でタクシー会社の求人情報「寮付き」「社宅完備」」にも記載のあるように激戦区の東京都内でも寮を完備しているような会社もありますので、そのような会社は狙い目かもしれません。

ハローワークや求人誌から検索することも可能ですが、最近では「タクQ」という無料転職支援サービスがおすすめです。

これは、タクシー業界に特化した転職サービスでタクシー業界を熟知したコンサルタントが丁寧にヒアリングを行い、自分の求める条件に合った転職先を一緒に探してくれます。

さらに、遠隔地からの応募の場合でも、会社によっては電話面接や企業による出張面接を行なってもらえるケースがあります。

これは、遠隔地からの応募で旅費がかかる心配がなくなり、大変便利なサービスです。

コンサルタントとの相談、タクQを通しての応募の末に、晴れて転職先が決まった場合には、タクQからのお祝い金も支給されるという手厚さです。

【まとめ】タクQのメリット

タクQは業界トップのお祝い金を謳っており、会社によっては入社するタクシー会社からも別途30万円が支給されるケースもあります。

たとえタクQを通しての転職が決まらなかった場合でも、目標年収や待遇、働き方の細かいところまで、コンサルタントに話を聞いてもらえるので、後々の転職活動へのヒントも見つかるかもしれません。

「今後の働き方への不安が解消された」「働く意欲が湧いた」「求人情報を見ただけではわからない情報が重要だとわかった」という口コミもあり、丁寧に相談に乗ってもらえることが伺えます。

いま、タクシー業界への転職を考えている方であれば、一度使ってみて損はないサービスです。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2019 All Rights Reserved.