ノウハウ

女装のやり方と4つのポイント

投稿日:

一昔前までは「男性が男性を好きになるのは気持ちが悪い」「女装や男装するのはおかしい」といった意見や考えを持つ人が多くいました。

しかし、最近ではジェンダーレス男子、LGBTなど、現代の日本社会において性別に関する話題は増えつつあります。雑誌やTVなどメディアに取り上げられる機会も多くなっており、徐々に世の中でも認め始められている気がします。

それと同時に自分も本来の姿に挑戦してみようかな?なんて考えている方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は女装の方法について書いていきます。どのように女装すればいいかが少しでも分かると、女装について興味が出てくるかもしれません。また、そうでない人でも1つの趣味として女装を受け入れることができるかもしれません。

女装は見た目だけ?

女装とは、その名の通り女性の装いをすること、つまり男性が女性になりきるということです。

心が女性かどうかが問題ではありません。見た目だけの問題です。

女装をするポイントは、男性の特徴をできる限り減らし、女性の特徴を増やすということです。ここからは、そのポイントを細かく説明していきましょう。

体毛の処理は必須

まず男性の特徴として体毛の濃さがあります。女性に比べると男性は圧倒的に体毛が濃いです。したがって、この体毛を処理する必要があります。

第一に処理する必要があるのは髭です。髭が濃いと女性には見えないですよね。深剃りできるようにシェーバーよりは、T字のカミソリがおススメです。肌を傷つけないように、出来るだけ髭が目立たないようにしましょう。

また、腕毛やすね毛も処理しなければなりません。そこを処理しなければ、女性特有のすべすべの肌には近づきません。髭と同様にカミソリを使って処理をしてもいいのですが、剃ってから数日経つとチクチクしてしまいます。また、剃る範囲も広いので面倒です。そこでおススメなのが、除毛クリームです。クリームを塗って数分間放置。その後シャワーでクリームを流すだけで体毛が処理できる代物です。しかし、肌の弱い人は荒れてしまう可能性があるので注意しましょう。

ファッション

体毛を処理したら、次は服装です。男性の服を着てしまっては元も子もありません。服の選び方はお好みで大丈夫です。単純に女性ものの服を着るのか、制服などのコスプレ服を着るのかどちらでも大丈夫です。

好きなアニメのキャラクターの服を着てみるのも面白いかもしれません。

髪の毛(ウィッグ)

服装を選んだら、次は髪の毛です。ウィッグを選びましょう。短髪の女性もいますが、女性といえば長い髪の毛が特徴です。

できれば、ボブや、ロングなど顔の輪郭を隠すことができるウィッグにするのがおすすめです。男性特有のゴツゴツとした骨格を隠すことができます。

メイク

最後に、メイクです。男性でメイクをする人はほとんどいないのでこれが一番大変です。

まず、ファンデーションで肌の色を整えます。美白に見える明るい色の方が女性らしいでしょう。

続いて、アイシャドウと付けまつ毛、アイライナーなどを使って目元を華やかにします。

チークを使って頬を明るくします。そして、口紅を塗ったら完成です。

やはり、メイクはいきなりできるものではないので大変ですし、経験や技術によって差が出てきます。根気強く頑張りましょう。

まとめ

ここまで女装の方法について簡単に解説してきましたが、いかがでしたか。

男性が女装というと難しく感じるかもしれませんが、女装のやり方はいくつかのポイントを押さえれば、誰でも綺麗に女装することができます。

1つの趣味として女装してみたら意外とハマってしまうかもしれませんよ。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2019 All Rights Reserved.