ノウハウ

いらないギターはどうする?売る・捨てるなどの方法を解説

この記事では自宅にいらないギターがあってどう処分するか迷っている方向けにギターなどの楽器を「売る」「捨てる」方法について解説していきます。

「タンスに眠っているギターをどう処分しよう…」
「引っ越しまでにギターを処分しなきゃ!」

という方は参考にしてみてください。

いらないギターを売る方法

ではまず、いらないギターを売る方法についてみていきましょう。

  • リサイクルショップで売る
  • 買取業者に売る
  • フリマアプリで売る

色々なジャンルの商品を買い取って販売をしているリサイクルショップは、ギターなどの楽器も買い取っているところが多く、大手リサイクルショップであれば、ほとんどの店舗で買取が可能です。

いらないギターを店舗に持ち込んで査定を依頼、ギターを引き渡せばそこですぐに現金を受け取れます。気軽に持ち込めてすぐにギターを処分できるのが魅力です。

不用品の買取を専門にやっている業者も多くあって、そうした業者にいらないギターを買い取ってもらう方法もあります。

リサイクルショップで売るのとあまり変わりませんが、楽器専門の買取業者などもあって、そうした楽器の知識のある業者に売ると高額買取を期待できます。

楽器買取業者に関する記事はこちら
中古楽器の買取業者おすすめ9選!出張・持ち込みなど高く売るコツも

ネットオークションやフリマアプリでいらないギターを売るという手段もあります。リサイクルショップや買取業者と比べると処分に時間がかかる可能性はありますが、売りたい金額でギターを販売することができます。

いらないギターを捨てる方法

次にいらないギターを捨てるときの方法についてみていきます。

自治体によってゴミの取り扱いに違いはありますが、基本的に一辺が30cm以上のゴミは粗大ゴミ扱いになりますので、ギターを捨てる際は粗大ゴミとして出すことになるでしょう。

住んでいる地域の粗大ゴミの出し方に従ってギターを捨てる必要があります。

事前申し込み→料金の支払い→指定の場所に粗大ゴミを出すor持ち込む、というのが一般的です。

 

結論!いらないギターは売るべき!

いらないギターの処分は「売る」「捨てる」方法がありますが、結論としてはいらないギターは売るべきです。

料金を払って粗大ゴミとしてギターを捨てるよりも、例え低い金額でもお金をもらってギターを処分する方が賢い選択と言えるからです。

使い込んだギターや修理が必要なギターでも基本的に売ることができますので、いらないギターの処分方法に迷っていたらまずは売ることを第一に考えるのがおすすめです。

 

まとめ

ここまでいらないギターの処分方法を考えている方向けに楽器を「売る」「捨てる」方法を比較し、おすすめの方法を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2021 All Rights Reserved.