ノウハウ

こんな人を採用したい、志望動機作成時のポイント

「転職したい!でも、志望動機の書き方がわからない」志望動機は、転職活動を行う上でさけては通れないものです。

しかし、いざこの企業で仕事をしたいと思い、書き始めてみると、書けなくなったりしたことはありませんか?

ここでは「内定を取るための志望動機」について、考えていきます。

1.なぜ志望動機を書くのか

そもそも、なぜ志望動機が必用とされるのでしょうか。

それは、「いかに企業側が欲しい人材であるか」を知るためです。

  • この人はどういう人なのか
  • どんなスキルを持っているのか
  • 企業の雰囲気に合っているか

まずは、このあたりを理解して作成していきましょう。

 

2.企業分析と自己分析

志望動機に結びつくのが、企業分析と自己分析です。企業分析とは、「企業の事業内容・外部の関わり」など、その名の通り企業内容を調査することです。

その企業が何を大切にしているのか、業務内容が社会にどんな影響をもたらすのかを中心に調査します。

また、企業分析をすることによって、「本当にこの企業で働きたいのか」を再確認できます。

自己分析とは、「自分のスキルや将来のビジョンを探り、理解する」ことをさします。

スキルアップのための転職であれば、「〇○のスキルと業務経験があるから、この経験を活かしてさらに上の仕事に就きたい」などが当てはまります。

あるいは、異業種への転職であれば、「〇○の業界に興味を持った。前職の〇○なところを活かしたら、異業種でも働けそう」など、転職した理由が見えてくるはずです。

まずは、文章でつなげる前に、箇条書きで書き出してみましょう。

 

3.理由に一貫性を持たせる

志望動機を書く際は、理由に一貫性を求めるようにします。なぜならば、大企業であれば、毎日多くの履歴書に目を通さなければならないからです。

その中で、文章に矛盾が生じているものがあれば、その時点ではずされてしまいます。

理由に矛盾がないか、書き終えた段階で、一度声に出して読み返してみましょう。

 

4.使いまわさない

転職活動では、おおよその方が複数の企業に履歴書を提出します。やりがちなのが、「志望動機の使いまわし」です。

確かに、志望する企業の業種が同じであれば、使いまわしたくなります。

しかし、その企業で仕事をしたい理由は、企業ごとに異なるはずです。

  • 給料面がいい
  • 就業先が家から近い
  • 直感でそう思った

上記の理由では、志望動機として企業側に伝えてしまうと、マイナスなイメージを与える恐れがあります。

 

5.オリジナルが1番

最近は、志望動機の例文が載っているサイトも多くあります。

けれど、ありきたりな志望動機を書いたところで、企業側もその人に会ってみたいとは思いません。「この企業で働きたい!」と複数の人が思ったとしても、これまで歩んできた人生が違えば、一言一句同じ志望動機ができあがることは、考えられません。

どんなに悩んだとしても、オリジナルの志望動機を考えましょう。

 

企業側の気持ちを考えて作成する

自分が採用側の立場だと考えて、志望動機を考えてみましょう。

「こんな志望動機であれば、直接会って話を聞いてみたい」部分が、見えてくるはずです。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2021 All Rights Reserved.