ノウハウ

負動産にしたくない!土地放棄したい方への対策方法3選

土地放棄したくても、方法がわからないとお困りではないでしょうか。

活用できない土地を保有し続けると、高い税金や管理責任が付きまといます。建物の倒壊で事故を起こすこともあると考えると、さらに頭を抱えるでしょう。

現在、どうすることもできない土地を保有する方が増えつつあります。そして、負債として残る土地は、まさに「負動産」と呼べるかもしれません。

土地を手放したい方に向けて、本記事ではリスクを低める対策方法を3選ご紹介します。

将来を守るためにも、土地放棄について正しく理解しましょう。

1)土地を相続放棄する

遺産相続で不意に土地を保有する場合が多くあります。

回避するためには、相続発生から3ヶ月以内に家庭裁判所への申請が必要です。

相続放棄が受理されれば、固定資産税などの税金を支払わずに済みます。

注意するのは、管理義務が残ることです。

相続放棄に成功しても、残った建物の管理義務は放棄した方が担います。そのため、管理維持費用や解体費用が発生します。

家庭裁判所で「相続財産管理人の選定」を申請すると、管理責任を回避できます。しかし、管理する方が現れることは、極めて低い可能性でしょう。

今後支払う税金や建物のリスクを考慮すると、解体は安全な対策方法です。

 

2)土地を売却する

誰かが土地を有効活用できると思い、購入してくれる可能性があります。お金が手に入り、権利も購入者に移ります。土地放棄したい方にとってはメリットの大きい方法と言えます。

対策として、売却時の土地の状態を少しでもよくしましょう。相続が決定したあとでも、建物まわりのゴミや雑草などであれば対応できます。

そのほかにも、自分で相場を調べたり、複数の不動産会社に査定依頼しましょう。最近ではこういった不動産の専門業者なんかもいて、土地の状態が悪くても適切なたいおうをしてもらうことができます。(土地の所有権放棄サポートセンター

少しでも高く、早く売れることを意識した行動が、売却成立に結びます。

 

3)土地を寄付または譲渡する

手放したい土地なのに、売却も放棄もできなかった場合には、寄付または譲渡を検討しましょう。

寄付は、自治体や公益法人との条件が合致すれば可能です。

譲渡は、個人との条件が合致すれば可能です。

寄付も譲渡も土地を無料で渡すことに変わりありません。

しかし、寄付先の条件が厳しかったり、譲渡先が負担する税金があったりなど、トラブルの原因にもなるため、事前に理解しておきましょう。

 

まとめ

本記事では土地放棄の方法として、相続放棄、売却、寄付または譲渡の3選をご紹介しました。

共通する対策方法として、土地や建物の状態を知りましょう。

発生する手続きや費用についても理解しておく必要があります。正しい知識が土地放棄を成功させる近道です。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2021 All Rights Reserved.