ノウハウ

オンラインセミナー配信に必要な機材を紹介

会場に集まる対面型のセミナーが難しくなってきた今、さまざまな場面でオンラインセミナー配信が活用されています。

基本的にはPCとネットワーク環境さえあれば、オンラインセミナーを開催できるという手軽さが最大のポイントです。しかし、実際に開催しようとした場合、揃えるべき機材やツールに迷う方も多いのではないでしょうか。この記事では、必要最低限揃えたい環境・機材、そして視聴者の満足度を高めるために揃えたい機材を解説します。

オンラインセミナーとは

そもそもオンラインセミナーとは、インターネットを利用してオンラインで動画配信するセミナーを指します。本来のオンライン配信とは、ライブ配信を指していましたが、最近では録画した動画配信もまとめてオンラインセミナーと呼んでいます。オンラインセミナーのほかにもWebセミナーや、海外ではウェブとセミナーを組み合わせて「ウェビナー」という呼び方が一般的です。

 

オンラインセミナーの活用例

オンラインセミナーは以下のようにさまざまな場面で活用されています。

  • 学校のオンライン授業
  • 企業説明会
  • 社内研修
  • 社外セミナー
  • 勉強会
  • イベント、交流会
  • 音楽ライブ

 

オンラインセミナーのメリットとデメリット

オンラインセミナーは実際に足を運ばなくても良いため、対面型のセミナーと比べて、集客がしやすいことがメリットとしてあります。一方でオンラインセミナーの内容が気に入らなかった場合は、ボタンひとつで退席できてしまうというデメリットもあるのです。

退席利用は以下が考えられます。

  • 講演者が気に入らない
  • 思っていた内容と違う
  • 話が長い
  • 映像(解像度)があらい
  • 音声が途切れる

退席要因はさまざまですが、映像や音声の乱れは、最低限の機材・環境を揃えることで改善できます。

 

オンラインセミナーに必要な機材、環境

視聴者にストレスフリーな環境で動画配信するために必要な機材、インターネット環境、オンラインセミナー配信ツールをご紹介します。

これだけは揃えたい機材

①ウェブカメラ

ノートPCにもともと付いているインカメラでも映すことはできます。ただ、どうしても画質は、悪くなってしまうので、視聴者にストレスフリーの環境を提供するためにWebカメラを用意しましょう。使い方はとてもシンプルでPCとカメラをつなげるだけです。価格も1万円前後で高画質な映像での配信が可能になりますので、ぜひ用意しましょう。

②スピーカー付マイク

音も視聴者に届けるために最低限の機材を使いましょう。PCのマイクでは、音の拾い方や聞こえ方が全く異なるので、視聴者に高音質で届けるために専用のマイクを用意することが大切です。マイクの価格はピンキリですが、マイクはある程度良いスペックを購入することをおすすめします。3万円以上のものを選ぶと間違いはないでしょう。

③オンラインセミナー配信ツール

 オンラインセミナーを配信するにあたって、配信ツールも必要になります。有名なツールだと、ZoomやSkypeがあります。無料のものから有料のものまで数多くあるので用途にあったツールを選ぶと良いです。

 

より良い環境を作るために必要なもの

①三脚

手振れなしに、ちょうど良い位置で映像を撮るために便利なアイテムが「三脚」です。

安定した位置での撮影、高さ調整が可能なのでとても便利です。いろんなシーンで利用できるように最低でも150cm以上の高さの三脚を用意すると良いでしょう。お手頃なもので3,000円で購入できますよ。

③照明

照明があるとないとでは、写りのきれいさが全く異なります。映像がきれいに見えると視聴者としては信頼度は増しますし、講演する側もきれいに映るのでモチベーションアップにつながります。

④スイッチャー

スイッチャーとは、複数の映像を切り替えて配信するために必要な機材です。スイッチャーを使うことで2台以上のカメラワークが可能になるので、映像の幅が広がります。使用用途によって検討したい機材になります。

 

まとめ

 オンラインセミナー配信を開催するために必要な機材をご紹介しました。ネットワーク環境とPCさえあれば始められる手軽さを持つオンライン配信ですが、視聴者に満足してもらうためには、カメラ・マイク・オンライン配信ツールは最低限揃えたいところです。ストレスフリーの環境でオンラインセミナー開催して成功させましょう。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2021 All Rights Reserved.