ノウハウ

なぜ自動車ローンが通らないのか?原因と解決方法を解説!

新しく自動車の購入を考えると、お金にまつわる悩みは常につきものです。特にローンを組まないといけない方は、審査のことが不安で仕方ないでしょう。

もし審査が通らないと、希望の自動車を購入できなくなります。

そうならないために、自動車ローンの審査に落ちる原因と解決方法を紹介します。

1.自動車ローンが通らない原因

自動車ローンが通らない原因を解説します。

ローンの審査に大切なことは「信用」です。信用を落としている原因を探りましょう。

1)他にもローンを組んでいる

支払い能力があるかは大切な信用情報です。

ローンの情報は共有されています。住宅ローンやカードローンなど、複数のローンの支払いがあると審査に落ちる可能性があります。

2)勤続年数が少ない

勤続年数が半年や1年と短いと、審査に落ちる原因です。長期的に返済できる能力が認められる必要があるからです。

また、借入金額は収入の20〜30%程度とされています。

3)借金がある

複数のローンと同じく、支払いが多いほど不利になります。

また、自己破産や返済の滞納なども数年間は信用情報として保管されます。

こうなってしまうと、数年間は消えないとされているので注意が必要です。

 

2.自動車ローンに通る解決方法

では、信用情報に傷が付いてしまった方は自動車ローンは組めないのか?といわれると、そうではありません。

お金で信用情報を傷付けてしまったということは、お金で信用させるのが有効です。

その方法をいくつかご紹介します。

1)頭金を支払う

最も有効で確実なのは、一括購入です。

しかし、そこまでお金があればローンを組む必要もないでしょう。

全てとは言いませんが、頭金を用意するローンが通りやすくなります。できるだけ多く用意するとさらに有効です。

2)購入価格を下げる

グレードを下げたり、中古車に変更したりと、購入価格を下げると支払額も下がります。

頭金の支払いを組み合わせると、さらに審査が通りやすくなります。

3)信用回復を待つ

傷ついた信用は一生消えない訳ではありません。

数年間はかかりますが、それまで新たに傷を付けないように滞納に注意して過ごしましょう。

また、勤続年数に関しても、我慢強く待ち続ける必要があります。

 

まとめ

自動車ローンの審査で大切なのは「信用」です。

支払額を下げるほど信用しやすくなるため、頭金の用意や購入する自動車の再検討がおすすめです。

現在車に乗っていて買い替えを検討している方は車金融フューチャーに相談してみるのもおすすめです。車金融フューチャーは、自動車を担保に乗ったまま車でお金を即日融資します。バレずに安心の低金利、即日現金OKで軽からダンプ・モーターボートまで対応しています。

-ノウハウ

Copyright© Compass , 2021 All Rights Reserved.